危ない「漢方のお医者さん」との戦いの記録

「専門家」が誰も助けてくれなかったので、独学・自分の体で命をかけて漢方薬の人体実験した記録。書いてあるとおりかなり危ない状況だったので、安易にまねしないでね。

漢方だけじゃない!コロナウイルス感染したか!?という状況になったので、戦ってます!

本日、A薬・B薬を漢方薬と併用し始めてから12日目。


改善してきた症状
・腕内側の太く青黒く盛りあがっていた血管が、細くなった(青黒さはあり)
・血管や皮膚の違和感(ざわざわ感や痛み)
・上半身のリンパ節の腫れ(頸部などが触れなくなった)
・移動する筋肉の痛み


改善しない症状
・体のだるさ
・傾眠

多分漢方薬で押さえられている症状
・動悸
・息切れ
・体の熱感
・黄疸(AB薬双方の副作用か) など


A・B薬の薬理作用から考えて、生きた細菌・ウイルスによると思われる、血管の炎症などの症状が、改善したのだろうか。
なので、やはり、これらの症状は、後遺症ではなく、体内にウイルスが残っていたことによる症状なのでは?と考えてしまう。

そして、障害されて修復されていない箇所の症状は、ウイルスを除外しても残る。
だから、残ったのが、本当の後遺症なのだろうか。

それとも、薬の副作用がまだ残っているのか?
A薬は1回目服用後1週間で2回目を服用(各12mg)、現在2回目から5日目となる。
特にA薬の2回目服用後に顔が黄色くなったので、肝臓に負担がかかっているものと考えられる。
A薬初回と同時にB薬500mg1回/日×3日も服用したので、こちらも肝臓に影響を与えているんだろう。
このせいで、ねむけやだるさがあってもおかしくない。
しかも、もともと脂肪肝だったし、EBウイルスいるし。へっ
黄疸に関しては、漢方薬(今は竜胆瀉肝湯と黄連解毒湯がメイン)で改善中。


ただ、この病気は、何度も何度も波が来るので、まだわからない。
一時は寛解したと思ったのに、この状態だし。
まだまだ分からないので、自分の体の注視を続ける。





現在使用中の某薬、実感としては、効果あり。
どこまで効果があるかわからないが、とりあえず現在、体の痛みや不快感ほとんどなくなった。ひたすらねむだるさが残っているけれど。

ただし、単独では、ダメ。
LongCOVIDでは、多彩な症状が出るから、一つの薬だけ使っていてもダメだってのが、とてもよく分かった。

現在A薬はCOVIDの薬として有望であるが、リーキーガットにはB薬との併用が不可欠。
であるが、この2薬で根本原因を抑えても、様々な個所のバランスが崩れた体が残る。
なので、漢方で調整。(そもそも西洋医学はこういったバランスの崩れなどの対応は不得意)

といった具合になる。

まだ服用開始後9日で、今後どうなってくるかわからないけれど。
大体、波があるから、現在、その波が来てないだけって場合も考えられるのでね。

現在私が服用している漢方薬は、清熱+補肝腎+利水+活血化オ少々。
黄連解毒湯、滋陰降火湯、猪苓湯、これに、桂枝茯苓丸少し。


17日にA薬、B薬を使い始めた。

当初、主役のA薬に関しては、高容量で、との報告もあるようだが、とりあえず、12㎎ではじめた。
1回投与後、2週間後にもう1回、と予定していた。


ところが、服用後、4日ぐらいで、またぞろ血管が太くなり始め、体のあちこちになじみのある痛みが出始めた。
あれ? 長期間効くってことだったけど、ダメじゃん、ということで、1週間後の23日に再服用。

で、再度血管や痛みが軽減してきている。

高容量で始めればよかったのか?と思ったが、ま、消化管症状のこともあるし、いいや。
また様子を見るけども、今度こそ2週間後に次は服用の予定。

だから、今のところ、計3回の予定。

どっかに書いてあった、一律に1回投与後2週間で再投与、という服用計画だと、私にはちょっとダメだな。
4日後に再投与、という話もあるみたいだけど、私にとっては、この後者の方が現実的。
それに、細菌をたたくなら、B薬の効果が残ってるうちに再服用した方がいんじゃね?ってことで。
なので、初回投与後1週間で再服用したけれど、症状が再度出始めた4日目ぐらいでもよかったな~と思っている。

とりあえず、またしばらく様子見。

A薬服用の副作用としては、初回服用後は下痢したりむかむかしたりしたけど、今回は、ちょびっと軟便になっただけで済んだ。
ただ、ものすごく眠い。
服用後、がーがーいって寝てしまう。服用後は車を運転できない。
私の場合、多分、3日ぐらい続くみたい。
一昨日服用してからそんな感じで、今日になって、ようやくブログ更新しようかい、って思えた程度。

しかし、眠すぎて、頭が働かん。
というか、そもそもこの症状が出てから、なんか色々物の名前が出てこなかったり、こ難しい報告書を読むのが以前より何倍も大変になってたり、論理的に考えるのが難しくなってたりするから、余計に。

とりあえす、A薬服用後は、中医学的には、熱証・水滞・血オが亢進してる感じ。
なので、黄連解毒湯・桂枝茯苓丸・五苓散もしくは猪苓湯で調整…しようと思うが、しつこいけど頭が働かん。なので、せめて眠気が取れてから、方剤による調整をもうちょっと考えてみる。


↑このページのトップヘ